滋賀県出身の松居一代のブッ飛んだ離婚記者会見が出来レースの様。驚きの検索結果。

27EFD4C9-A206-4CDC-B408-F4648691D7BD.jpeg
先日、タレントの松居一代が東京家裁の調停で、夫で俳優の船越英一郎との離婚が成立したことで都内の高級ホテルで朝早くから記者会見を開いていたことがとても気になりました。




「やりました、離婚が成立しました!」とガッツポーズやVサインを連発しているのを見ていると、一体何の記者会見で松居一代は何を求めているのか不思議に思えてきました。

松居一代の口から発する言葉ひとつひとつが台詞に聞こえて仕方がないですね。

結婚披露宴にいるような今回の離婚記者会見の司会者や「よくやった!おめでとう!」といったような声があがったり…見ている側からみるとかなり「???」と感じるようなブッ飛んだ記者会見に見えました。

 これまで松居一代はYouTubeなどで船越の不貞を主張して、そのおぞましさが話題となってワイドショーなどで取り上げられて、その証拠であるバイアグラや浮気相手の手紙を暴露するなど、行動はエスカレートしていましたね。
それ自体が奇妙である種の怖さ、恐怖を感じた人も多かったと思います。

YouTubeで訴えていた時は船越英一郎の謝罪を要求していた松居一代だが、「真っ赤な赤の他人さまと思っていますので、謝罪とか、そういうものは必要なくなりました」など路線変更で言いたい放題でしたね。


しかし、離婚したくて仕方のなかった船越英一郎の方であって船越さんの望む展開になったにもかかわらず、勝利宣言とはどういうことなのでしょうか?
松居一代は、自分が全面勝利したみたく「やりました!」などと宣言したようですが、もともと離婚訴訟は船越英一郎側から出されてたんで、

ここで調停が成立したってことは、慰謝料なし、家の船越英一郎の出資分買い取りってことは、むしろ松居側の負けのように思えるのですが…

カラ元気って言うのか異様なテンションの高さがとても気になりましたし、ただの負け惜しみに聞こえて仕方なかったです。

松居が主張していた船越の不倫とかって、どーでもよくなったってことなんでしょうね。

報じているワイドショーのキャスターたちが笑いを堪えてニヤついているようにも見えました。そう感じている方も多いのではないでしょうか?

会見途中の実家への電話は出来レース!?


さらには、会見途中に実母に生電話をかけて「お母ちゃ~ん」と絶叫するなど、松居の独壇場で会見は進んでいきました。

正直「何じゃこりゃ〜」って感じです。

ちまたではウソ電話、エア電話ではないのかといわれていましたが、

そしてこれがまた、フジテレビの「直撃LIVE グッディ!」では、このベストタイミングで松居の母親に密着していた。当然、松居からの電話を受ける瞬間をカメラでとらえており、ちょっとしたスクープになった。

こりゃ完全に出来レースじゃないのか〜っ!

この記者会見で電話するって事はハナから分かっていたかのような展開。



驚きの検索結果


「滋賀県出身 松居一代」とYahoo!で検索をかけたところ1番上位に上がっていたのが「滋賀県出身の松居一代さんはバカな滋賀県民の代表ですか?……」といったようなYahoo!知恵袋のサイトでした。

滋賀県民がバカなイメージがある事に正直大変ショックを受けてしまいました。ただでさえ関西圏でも大阪、京都の人たちから「滋賀県は関西ではない」といったようなレッテルを貼られていたりして滋賀県民はコンプレックスを持っているのに…。



"滋賀県出身の松居一代のブッ飛んだ離婚記者会見が出来レースの様。驚きの検索結果。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: