菅田将暉。2017年も大忙し。今時の若者を演じれば彼の右に出るものなし。

image.jpg
2016年の1月にHey! Say! JUMP の中島裕翔と共演した映画『ピンクとグレー』に始まり、

2016年に公開された主演&出演作が9本と多忙を極めた菅田将暉さん。





この爆発的な人気の理由は何なのかと考えてみると、

とにかく“今どきの若者”をやらせたら、彼の右に出る役者はいないでしょうね。

「チャラい」「冷めてる」「自由」「金ない」「純朴」「熱い」「繊細」

「お坊ちゃま」「肌きれい」「顔小さい」といったあらゆる若者市場を一手に背負っている感があります。



auのCM「三太郎」シリーズの“鬼ちゃん”役でお茶の間でも大人気となっています。

CMを見ていても新しいバージョンになった時「今回は鬼ちゃん出ないのかな〜」と期待を寄せています。
月9のバックハグからのキスで話題に


2016年のフジテレビ系の月9だった
福山雅治主演のテレビドラマ「ラヴソング」では、

シンガーソングライター志望のヒロイン(藤原さくら)に恋する幼なじみ・空一にふんし、

こちらでもバックハグなど悶絶シーンを披露した。

このシーンは放送直後からネット上では「こんな風に告白、キスされたい」と話題となっていましたね。



2017年も大忙しの菅田将暉


2017年には4人組音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ『キセキ -あの日のソビト-』、

古屋兎丸の漫画を実写化した学園コメディー『帝一の國』、空知英秋の漫画に基づく『銀魂』、

岩井俊二の傑作青春ドラマを「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズの新房昭之が総監督を務めアニメ化した

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、歌人、映画監督、劇作家・寺山修司の長編小説を実写映画化した『あゝ、荒野』(公開時期未定)、

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」など、新作が続けて待っていて2017年も2016年同様、大忙しですね。


そんな菅田将暉さんの2017年は「今年はいっぱい笑いたい」と掲げているようです。

「もっと笑って、楽しいものを提供したい。格好いいものを作って、楽しそうって思われたいし、使命とかではなく、そうしたいんですよね。」と語っています。

その後に見据えているのは海外なのでしょうか?






"菅田将暉。2017年も大忙し。今時の若者を演じれば彼の右に出るものなし。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: