ラストコップ最終回はグダグダ生放送。放送事故と言われても。窪田正孝ツボる。

image.jpg
俳優の唐沢寿明と窪田正孝が主演コンビを務める日本テレビの刑事ドラマ「ラストコップ」最終話を迎え、

ストーリーの一部が“生放送”された。

そこで見どころになるのが生放送のシーンです。

生放送のシーンは放送事故と言われてもおかしくない内容でしたね。

初っ端から唐沢寿明の後ろで含み笑いをしている窪田正孝。


窪田正孝の笑いから始まったグダグダすぎるラストコップの生放送気まずい晩餐会では窪田正孝が完全にツボってしまっていましたね。

気まずい晩餐会での窪田くんのセリフの後半も何を言っているのか分からなくなっていましたし…

佐々木希さんも唐沢寿明さんを役名の京極さんではなく、「ちょっと唐沢さん!」と叫んでしまうハプニングが(笑)

笑いの止まらない唐沢に、窪田も笑いながら「今のは間違えた和久井さんが悪いと思う…」とつぶやいてしまうし…


グダグダになったところで窪田はカメラに向かって、

「早く帰りてえー!今は生だけど!これがラストコップだぁー!」と叫んでいました(笑)





こういうドラマは後にも先にも無いと思います。


いっしょけんめい計画立ててうまいこと京極さん巻き込んで大規模な事件起こしてるのに、

生放送パートの衝撃のせいで視聴者の誰も詳細な状況を把握できてなくて忍成修吾が可哀想になってきました。

京極が死んでしまうバージョンも見たい気持ちもありましたが、

やっぱり死にませんでした。皆さんもそれを望んでいるのですよね。

映画もありますしね。そう簡単には死にません(笑)

  

映画は2017年5月3日上映ですのでまた楽しみに待っていましょう。

"ラストコップ最終回はグダグダ生放送。放送事故と言われても。窪田正孝ツボる。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: