元ジャニーズの草なぎ、稲垣、香取のネットテレビ大成功…地上波はダンマリで反応なし。

54372F2A-769A-4DDC-8FCF-E3AB39ECA7D6.jpeg


 ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎と草なぎ剛、香取慎吾が出演したネットテレビAbema TV「72時間ホンネテレビ」が先日、放送され話題となりましたね。

このネットテレビの放送が決まって以来、毎日のようにネットニュースではその内容や出演者をどうするのかなどと取り上げて、放送前から関心が高まりネット上では盛り上がっていました。

これまで全くインターネットに出ていなかった3人がネットで本音を語る。これは多くの人が見たいと思っていたことでしょう。






そして放送が始まると内容が事細かくネットニュースで取り上げられて、
3人が21年ぶりにオートレーサーとなった元SMAPの森くんと共演したり、

さまざまなゲストが出演し番組を盛り上げ、総視聴者数はのべ7400万超とネットテレビの力を視聴者に印象づけることができ大成功だったのではないでしようか。


YouTubeやブログ、インスタグラムといった今までのジャニーズでは考えられない切り口の3人の自由さが新鮮で今後の3人の活動にとって好スタートだったのではないでしょうか。


これだけ注目されてもテレビ業界はダンマリで反応なし


しかし…これだけネットでは注目された芸能ニュースだったにもかかわらず、

テレビでは全くと言っていいほど発言されなかったことに疑問をいだく視聴者も多かったでしょうかね。

もうダンマリですね。


テレビでの芸能人の発言はすかさずネットニュースになるのに…



テレビ業界へのジャニーズ事務所の圧力があるのでは?とも言われています。


スマップの解散報道でジャニーズ事務所のテレビ業界への圧力というものは視聴者は散々思い知らされたことでしょう。



それともジャニーズ事務所を怒らせないためにテレビ業界からの配慮なのでしょうか。

ジャニーズ事務所を怒らせて番組へのオファーを断られるのが怖くて、敢えて元スマップの3人を取り上げていないのかもしれません。


また「72時間ホンネテレビ」への吉本芸人の出演がなかったことも気になりましたね。


しかし今まで制限が多く、がんじがらめだったジャニーズ事務所の中から飛び出した元スマップの3人が

今まで現れることのなかったネットの世界で新しいことがスタートするんだという意識づけがうまくできたと思います。




ファンにとっては、自分たちがやってほしかったことを3人がやってくれるかもという思いは強くなったことでしょうし、

今後期待もずいぶん持つことができたのではないでしょうか。

また芸能界におけるメディアのあり方が、一気に進化する可能性は高いと思います。




この記事へのコメント