バランスのいい食事とセルフ頭皮マッサージで抜け毛やパサつきを守る

image.jpg





秋になると抜け毛やパサつきなどの髪のトラブルに見舞われるようになります。

残暑もまだまだ続くと思われますが早め早めの対処でしっかりとヘアケアをして、健康な髪と頭皮を手に入れましょう。

抜け毛やパサつきなどのダメージが目立つ理由


秋になると抜け毛やパサつきなどの髪のダメージが目立つのかという理由は、夏に浴びた紫外線や冷房などのダメージ、気温の変化、

身体の疲れなどによって頭皮のバランスが崩れる秋は、頭皮が乾燥し、抜け毛やパサつきなどのトラブルに見舞われやすくなるのです。

バランスのいい食事で気をつけたいこと


正しいヘアケアにとって頭皮マッサージなどの髪のお手入れも大事だと思いますが、やはりバランスのいい食事が第一に考えられるのではないでしょうか?

【髪をつくるタンパク質を】

髪の主成分はケラチンというタンパク質からできており、タンパク質が不足すると抜け毛・薄毛の原因になります。肉・魚・卵・大豆製品といったタンパク質を中心にバランスのいい食事を心掛けましょう。

【野菜と果物でビタミンを】

野菜と果物な多く含まれるビタミンも髪の成長と健康に欠かせません。その中でも抗酸化作用のあるビタミンEは、髪の毛を若返らせるとても重要な栄養素です。

特に有効なビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜は1日3食欠かさず摂るようにしましょう。

【鉄分・カルシウムも髪作りに必須】

髪に必要な栄養分は、血液によって頭皮から髪へ運ばれます。そのため血液の元になる鉄分やカルシウムをはじめとしたメネラル類は重要な栄養分です。特にミネラル分が豊富なニンジン・ゴボウなどの根菜類や昆布・ワカメなどの海藻類がおすすめです。

やはり昔からワカメを食べると髪が増えるとよく言われていた事を覚えていますが、あながち間違ってはいなかったのですね。





セルフ頭皮マッサージで乾燥と抜け毛をケア


頭皮が乾燥したり毛穴に汗や皮脂が詰まっていると、新陳代謝が低下するため健康な髪を生み出せなくなり、髪のハリ・コシの低下や抜け毛、うねりが出やすくなります。

健康な髪を育てるためには日頃からの頭皮マッサージで血行をよくするのがおすすめです。

◼︎セルフ頭皮マッサージの方法

頭皮用エッセンスをつけた後、指の腹を使って円を描くように頭皮をマッサージします。固くなった頭皮をやさしく動かすようなイメージで各工程4回ずつ行いましょう。

①両手の指の腹を使って、耳の周りのリンパ節をほぐすように「耳の上」と「耳の後ろ」をほぐす。

②生え際から頭頂部にかけて、上へ押し上げるように指の腹で揉みほぐす。

③両手の中指を使って頭頂部の薄毛や抜け毛に効果的な百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボを押す。


抜け毛の多い時期だからこそ育毛剤を毎日しっかりつけてお手入れを強化して健康的な頭皮と髪を育てましょう。

ユニリーバ クリア スカルプ&ヘア スパークリングエステ 130g CLEAR Unilever


あと、抜け毛を気にし過ぎて失敗になってしまう傾向なのですが、シャンプーを2〜3日おきにするなどの回数を減らしてしまうことは、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

1日1回はシャンプーをして頭皮を清潔に保つように心がけましょう。抜け毛が気になるときは、頭皮の血行を促す薬用育毛ローション等でのケアがおすすめです。


この記事へのコメント