交流戦に弱い日本のエース菅野で11連敗の連敗記録に。交流戦最下位。リーグ戦もBクラス。

image.jpg

こんばんは。ビール片手にプロ野球のナイター中継を見るのが好きな「つね」です。


プロ野球ではセ・パ交流戦が盛り上がっていますね。昨年(2016年)は交流戦で広島カープが勢いをつけてセリーグで唯一交流戦を勝ち越し独走状態でリーグ戦をモノにしました。







そこで今、とても注目されている事が読売ジャイアンツが泥沼の11連敗を喫してしまったということです。

巨人は6月6日、西武ライオンズの本拠地メットライフドームで行われた西武との交流戦に5―8で逆転負けになり、ついに11連敗でセリーグの5位のBクラスに転落してしまいました。


サムライジャパンの日本のエース菅野は6回9安打5失点で降板してしまい、4回と6回の2度の3点リードも守り切れなかった。

日本のエースでもある菅野でも打たれて負けてしまったことにネット上では「菅野に抑え込まれていたセリーグのバッターはどれだけ打てないんだ(笑)」などと言われる始末です。

また「補強大国のジャイアンツが補強しまくった結果が球団連敗記録に(笑)」といったようなコメントが言われています。

やはり昔から言われ続けている人気のセリーグ。実力のパリーグってことになるのでしょうか。

11連敗球団連敗記録に



この結果、球団唯一の最下位に終わった1975年の連敗球団ワースト記録に並んでしまいました。

この42年前の記録は1引き分けを挟んでの11連敗だったので11戦11敗という記録は球団史上初めてということだそうです。



ちなみにこの時の監督はミスタージャイアンツこと長嶋茂雄さん。

現役を引退して翌年、初めての監督でした…しかしその次の年そしてまた次の年と2年連続で優勝したのですが来年に期待したほうがいいのですかね高橋由伸監督。

このままだとずーっとBクラスのままでクライマックスシリーズにも出場できなくなってしまう可能性もでてきましたね。

なんだったらジャイアンツか最下位という事も起こるかも…。

そういえば、今年2017年のオープン戦の順位もジャイアンツは最下位でしたね(5勝14敗)。


日本プロ野球の連敗記録は?


そこで気になったのが「じゃあ、プロ野球の連勝・連敗記録って?」ということになりました。

◼︎連勝記録は

千葉ロッテマリーンズが毎日大映オリオンズ時代の1960年に記録した18連勝。しかしこの連勝は引き分けを挟んでいて、純粋な連勝記録では福岡ソフトバンクホークスが南海ホークス時代の1954年に記録したのが日本記録となるようです。

◼︎連敗記録は

最大連敗は千葉ロッテマリーンズが1998年に記録した18です。

しかし、この連敗は途中に引き分けを挟んでいて純粋な意味での連敗の日本記録は、東京ヤクルトスワローズがヤクルトアトムズ時代の1970年に記録した16連敗となるようです。

…どちらとも古いですね。




この記事へのコメント