初めての甲子園でのプロ野球観戦。アクセスも簡単。応援はカンフーバットで。

image.jpg

初めてのプロ野球観戦ということで、甲子園球場の方に行ってきました。

小さな頃から阪神ファンで、子どもも野球に興味を持ちだして行ってみました。

ちなみにこの日のカードは阪神vs広島。オープン戦ですが2016年の優勝チームなのでなかなか熱い戦いの予感が…。






甲子園までのアクセス


なんせ滋賀県の田舎者なので、行けるかどうか不安を持ちながら行ってみましたが意外とすんなり行けました。

JR線で大阪梅田まで行き、改札口へ。

そしてそこからは阪神電車に乗り換えで西宮方面に乗れば「甲子園」の駅がありますから、そこで下車。

降りたらすぐですね。阪神電車に乗ってしまえばプロ野球の開催日であれば、阪神ファンや対戦相手のユニホームを着た人たちがいるので迷わずに行けると思います。

大阪駅でも阪神電車への乗り換えの看板があがっていますのでわかりやすいです。

ちなみに大阪・梅田駅から甲子園までの阪神電車の料金は270円です。

甲子園に到着


試合開始3時間前に着いたにも関わらず、そこそこの人が集まり始めています。

並ぶのもまだ早いかなと思い、甲子園球場前のタイガースショップに。
image.jpg
ラッキーセブン用の風船や、ユニホームやタオルなどのグッズを入手するためにたくさんの人がいます。

ここでは応援用のカンフーバットを買いました。(小さいバット二本がチェーンで繋がっているもの)

服装はやはりユニホームがおすすめです。選手との一体感が生まれます。

ショップでもたくさんの選手の種類がありますが、人気選手は品薄状態の時もあります。



基本的に甲子園の開場は試合開始2時間前だそうです。ひとまず並んで開場待ちです。
image.jpg
たくさんの虎ファンの方々がいて、その人達のファッションを見て楽しむのもありですね。すぐに時間は潰せました。

開場で球場内へ


チケットに記載されている入場ゲートから甲子園球場内に入って、今回は自由席だったので席を確保しました。

球場内の通路からスタンドに一歩踏み出すと、壮大な球場の景色が一気に飛び込んできます。






グランドを見ると既にビジターチーム(今回は広島)が練習しています。

そして1時間前になると阪神の選手の登場です。キャッチボールやノックが始まりました。

お客さんも立ち上がって前の方に行って見たりしています。


今回はオープン戦でしたが、そこそこの主力の選手が出ていてワクワクします。また期待の注目の新人選手もいます。

スタメン発表から試合開始


スタメン発表は最初に盛り上がるイベントです。

試合開始約30分前から始まり、ビジョンに選手が、映り出されポジションが紹介されます。

各選手の名前が発表されるたびに沸き起こる歓声とメガホン、カンフーバットの音が響き渡ります。



試合が始まると迫力満点のプレーにガンガン応援しましょね。やっぱりテレビで見ているのとは違います。

球のスピードと選手の身体の大きさには驚きです。
image.jpg

あと、各選手の応援歌、チャンス時の応援コールは観戦に行く前に覚えていったほうがいいと思います。

メガホン、カンフーバット等をガンガン叩いて大声を張り上げて思いっきり応援しましょう。




そして7回裏の攻撃(ラッキーセブン)のジェット風船は観戦の醍醐味と言えることでしょう。

7回表の2アウトあたりから風船を膨らまして準備をして、応援ファンファーレのあとに一斉に飛ばします。

宙に舞う風船を見てると一種の感動を覚えます。


感想

image.jpg
今回は残念ながら我が阪神タイガースは負けてしまいました…。

勝って「六甲おろし」をみんなで大合唱したかった。それだけが心残りです。

初めてでしたが甲子園の魅力を味わえました。


次の試合観戦は、同じエリアシート(内野席)を選ぶのもいいと思いますが、外野席などの違うシートを選んで違った盛り上がり方を楽しんで見ようと思いました。


皆さんも自分にあった応援スタイルを見つけて、再び球場で阪神タイガースを応援しませんか。




この記事へのコメント