広島・黒田が永久欠番に。山本、衣笠に続く3人目。北別府は?

image.jpg
今年のプロ野球日本シリーズは日本ハムが広島を抑えて制覇しましたね。

第6戦までもつれ込み、クライマックスシリーズからの勢いのまま

最初の広島の2連勝で広島に軍配があがるかと思っていたのですが…。

敵地、北海道での3連敗…。

広島に戻ってから取り戻すかと思っていたのですが、残念でした。

広島で勝って第7戦目で黒田選手に投げて欲しかったファンも多かったと思います。





黒田博樹の背番号が永久欠番に


広島が今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手の背番号「15」を

永久欠番とする方針を固めたそうです。



今まで広島では、1970~80年代の黄金期を代表する強打者だった

山本浩二の「8」、衣笠祥雄の「3」が永久欠番となっています。


今年の日本シリーズでも、二人ともゲスト解説者として出ていましたよね。



黒田は1997年から広島で11年間プレーした後、

フリーエージェント権を行使して米大リーグのドジャースに移籍し、

ヤンキースでも活躍。


メジャー球団からの高額オファーを断って広島に昨年復帰し、

今季は25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。


日米通算で203勝を挙げています。


球団幹部は「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、

お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話しているようです。


確かに黒田博樹投手の広島カープへの貢献は大きいかと思います。


今年の広島の盛り上がりからみて、

日本一になれなかった球団からの黒田投手の引退への花道なのかな…

…とも感じました。


そういえば北別府投手って広島一筋で200勝投手になったけど、

永久欠番にはならなかったのですね。

何が違うのでしょうか?



この記事へのコメント