プロ野球、クライマックスシリーズのルール。勢いに乗って日本シリーズへ。

image.jpg
広島カープがリーグ優勝して大盛り上がりで

話題となっているプロ野球。

パリーグとの日本シリーズを目指して次には

クライマックスシリーズが待っています。



プロ野球のクライマックスシリーズのルールが

イマイチわからない所があるかと思います。

ザックリとしたことしかわからないルールがあるのですが…例えば、

1位のチームには1勝が与えられるとか

上位チームがホームになるとか、ありましたよね?

そこでクライマックスシリーズのルールをまとめてみました。

ファーストステージ(旧称:第1ステージ)




「ファーストステージ」ではレギュラーシーズン2位球団と3位球団が

2位球団の本拠地で3試合制で対戦する。



勝利数が多い球団が勝者となり、ファイナルステージへ進出する。





引き分け試合が発生し、3試合終了時点での対戦成績が


「1勝1敗1分」或いは「0勝0敗3分」と


同じ勝敗数になった場合は2位球団が勝者となる。


2試合終了の時点で勝者が決定した場合

(「どちらかの球団の2勝」もしくは「2位球団の1勝1分」)、

3試合目は行わない。


ファイナルステージ(旧称:第2ステージ)



ファイナルステージではリーグ優勝球団とファーストステージの勝者が


リーグ優勝球団の本拠地で6試合制で対戦する。


リーグ優勝球団にはレギュラーシーズンの成績を反映し


1勝のアドバンテージが与えられる。



このアドバンテージによる1勝を含め先に4勝した球団を


「クライマックスシリーズ優勝球団」とし

日本選手権シリーズの出場権を得る。



第1ステージ同様、引き分けて同じ勝ち数になった場合は


リーグ優勝球団がクライマックスシリーズ優勝となる。


勝者が決定した場合(ファーストシリーズ勝者が全勝しても


同じ勝ち数止まりになる場合を含む)残りの試合は行わない。


また、パ・リーグの試合ではステージMVPが発表されている。







クライマックスシリーズでは引き分けがあるのですね。

果たして短期決戦なので勢いに乗った方が勝ちですね。



リーグ戦はセリーグはダントツで広島。

パリーグは混戦のなかどのチームがクライマックスシリーズに

挑む事になるのでしょうか?

非常に楽しみです。

この記事へのコメント