レイクスターズ樋口大倫のプロフィール。日本人ビッグマンに期待。

image.jpg
バスケのBリーグが9月22日開幕です。

うまくいけばJリーグやプロ野球に近い存在になると思っています。

バスケ自体は人気スポーツですからね。

わたくし、滋賀県が地元ということで「滋賀レイクスターズ」を応援します。

記念すべきBリーグ初年度を盛り上げていけたらいいですね。

今回は「滋賀レイクスターズ」の樋口大倫選手について

紹介しようと思います。
樋口大倫プロフィール


【樋口大倫】

1990年8月13日生まれ

身長191㌢ 体重104㌕

愛知県出身で、名古屋大谷高から専修大学へ。

前所属は「NBDL東京エクセレンス」でした。

ポジョンはパワーフォワード(PF)

『リバウンドを制するものがゲームを制する』の格言通り、

強力なリバウンダーとして活躍すれば、

チームの勝利に多大な貢献が出来ます。

また、ポイントガードからのパスをシューティングガードや

スモールフォワードにつないぐことも多いポジョンなので

パスの正確さと、的確な状況判断が期待されますね。




樋口選手は体を張って相手とぶつかるインサイドプレーが持ち味の、

運動量豊富な日本人ビッグマンです。


外国人のインサイドプレイヤーと比べると身長が低めになりますが、

泥くさいデフェンスやリバウンド、運動量でカバーします。


前所属の「NBDL東京エクセレンス」では、

オールスターゲーム出場やベスト5にも選ばれています。


Bリーグ1部でのプレーの機会を求めレイクスターズに来ました。


レイクスターズではエースのジュリアン・マブンガ選手ら

外国人ビッグマンとポジョン争うことになりますが

持ち味の泥くささで飛び込んでいってほしいものですね。


ちなみに樋口選手のゲン担ぎは「試合前にレッドブルを飲むこと」

だそうです。




この記事へのコメント